【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
FIT終了後はどうする? 資源ドットネット

FIT終了後の余剰電力買取企業の主な価格一覧

FIT終了後の再エネ余剰電力買取事業者

FITは再生可能エネルギー買取価格制度です。2009年から始まったこのシステムは,10年間固定で再生可能エネルギーにより発電された電力を電力会社が買い取るものです。一般家庭で最も導入されているのは太陽光発電システムです。

FITに関する詳しい内容はこちらの記事をご覧ください。

FIT 再生可能エネルギー買取価格制度

2019年からはそのFITの契約が終了しはじめているため、自宅で利用する場合でも日中は余剰が生まれるため、再買取のシステムもスタートしています。今までは一般電気事業者による買取が主でしたが、現在では買い取り業者も増えていて、売電する側も住んでいるエリアによってなるべく高く買い取ってくれる業者を選ぶことができます。

太陽光発電によるFIT終了後の再買取業者一覧

一般家庭などに搭載されている太陽光パネルで発電した電気はそのまま自宅の出来として利用できますが、日中あまり電気を使っていない時間帯などでは電気が余ります。そういった電力はFIT終了後も売電可能です。FIT終了後、余剰電力を買い取ってくれる企業は以下の通りです。

事業者名 買取金額/kWh 注意事項
JXTGエネルギー 8~11
Looop電気 7.2~9.3
NTTスマイルエナジー 7.2~9.3
ユアプレミアム 7.2~9.3
出光昭和シェル 7.5~11.5
シンエナジー 7.5~9.5
全農エネルギー 7.5~9.5 北海道除く
坊ちゃん電力 9~13 北海道除く
丸紅ソーラートレーディング 7~14.6
ミツウロコ 8~9

住宅メーカーでの優遇買取

住宅メーカー各社も旧一般電気事業者が展開する買取価格よりも高い金額で買い取る仕組みを用意しています。

事業者名 買取金額/kWh 注意事項
スミリンでんき 11 住友林業グループ関係者、もしくは利用者
積水化学 9/12 セキスイハイム、セキスイファミエスでVtoHを導入すると優遇
積水ハウス 11 積水ハウスオーナーでんき
ダイワハウスでんき 11.5 / 22 蓄電池導入で1年目のみ22円/kWh
豊田通商 9.5 トヨタホームオーナー専用

このようにFIT終了後も様々な事業者が再生可能エネルギーの再買取を行っています。しかしながら、売電価格は買電価格より圧倒的に低くなっているため、できれば自宅で消費したいものです。

そのためには蓄電池などを購入し、日中や深夜電力などでためた電力をピーク時に利用する方法などがあります。蓄電池の価格はまだまだ高いため、初期導入コストを考えると元を取るには至らないですが、災害時への備えなど、様々な有効性も持っています。

FIT終了後はどうする? 資源ドットネット
最新情報をチェックしよう!