【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
矢木沢発電所・矢木沢ダム

矢木沢発電所 ー 東京電力初の揚水式発電所 ー 矢木沢ダム

矢木沢発電所・矢木沢ダム
矢木沢発電所・矢木沢ダム

発電所の概要

矢木沢発電所は、群馬県利根郡みなかみ町藤原にある東京電力リニューアブルパワー株式会社が所有する水力発電所です。
昭和40年(1965年)に運用開始しました。
矢木沢発電所は、下部調整池である須田貝ダム湖から汲み上げた水に上部調整池である矢木沢ダム湖の水を合わせた水で発電を行う混合揚水式発電所で、東京電力【初】の揚水式発電所です。
発電電動機とポンプ水車とで構成される可変揚水機を3台使用して、最大240,000kWの発電をしています。

ダムカード

矢木沢ダムでは、独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所によりダムカードを配布しています。
現在(2021年10月)新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、配布を休止しています。
詳しくはホームページでご確認ください。

独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所 ダムカードについて

発電所データ

名称 矢木沢発電所(やぎさわはつでんしょ)
管轄 東京電力リニューアブルパワー
種別 揚水式水力
発電形式 ダム式
発電方式 混合揚水式
最大出力 240000kW
所在地 群馬県利根郡みなかみ町藤原

発電所の構成

取水河川 利根川
最大使用水量(m3/S) 300.00
流域面積(㎢) 167.4
取水箇所数 1
水車形式 立軸単輪単流渦巻フランシスポンプ
水車設置台数(台) 3
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 3

マップ

関連リンク

矢木沢ダム・矢木沢発電所(Wikipedia)

矢木沢発電所・矢木沢ダム
最新情報をチェックしよう!