Shigen.net
砥山ダム
砥山ダム
砥山ダム

発電所の概要

砥山発電所は、北海道電力が運用・管理する水力発電所です。
昭和47年(1972年)5月に運用を開始し、豊平川(砥山ダム)から取水しています。
2016年1月に最大出力を200kW増加させたことにより、最大出力は10,200kWになりました。
これにより、砥山発電所の発電電力量は年間約63万kWh増加すると想定されていて、年間約217トンのCO2排出量削減効果を見込んでいます。

発電所データ

名称 砥山発電所(とやまはつでんしょ)
管轄 北海道電力
種別 水力発電所
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 10200kW
所在地 北海道札幌市南区砥山

発電所の構成

取水河川 豊平川
最大使用水量(m3/S) 21.50
流域面積(㎢) 452.8
取水箇所数 1
水車形式 立軸カプラン
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

ほくでん 砥山(とやま)発電所の出力変更について

砥山ダム
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件