【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
大湯川
大湯川
大湯川

発電所の概要

新大楽前発電所は、1999年11月に同和鉱業株式会社によって運転が開始されました。
2006年10月に同和鉱業株式会社から現在のDOWAホールディングスに社名が変更されました。
新大楽発電所は、止滝発電所の放水路から接続されている水路からの水を使用して発電がおこなわれています。

発電所データ

名称 新大楽前発電所(しんおおらくまえはつでんしょ)
管轄 DOWAホールディングス
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 2500kW
所在地 秋田県鹿角市十和田大湯

発電所の構成

取水河川 大湯川
最大使用水量(m3/S) 7.00
流域面積(㎢) 126.8
取水箇所数 1
水車形式 横軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

DOWAホールディングス

大湯川
最新情報をチェックしよう!