【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
新野川第一発電所

新野川第一発電所

新野川第一発電所
新野川第一発電所

発電所の概要

新野川第一発電所は、山形県長井市寺泉に位置し、山形県企業局が所有する水力発電所です。
平成22年(2010年)に運用開始しました。
取水源である長井ダムの建設に伴い、野川第一発電所の取水ダムであった菅野ダムが水没するため、野川第一発電所を廃止して、これより上流に新野川第一発電所が建設されました。
これにより、野川第一発電所の最大出力61,00kW から新野川第一発電所の最大出力は10,000kWになりました。
また、水車も従来の立軸フランシス水車から立軸斜流水車になっています。

発電所データ

名称 新野川第一発電所(しんのがわだい1はつでんしょ)
管轄 山形県企業局
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 貯水池式
最大出力 10000kW
所在地 山形県長井市寺泉

発電所の構成

取水河川 野川
最大使用水量(m3/S) 12.00
流域面積(㎢) 101.2
取水箇所数 1
水車形式 立軸渦巻斜流水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

関連リンク

IEA 水力実施協定 ANNEX 11 水力発電設備の更新と増強

新野川第一発電所
最新情報をチェックしよう!