Shigen.net
天塩川

ポンテシオ発電所

天塩川
天塩川(てしおがわ)

発電所の概要

ポンテシオ発電所は、北海道企業局が管理する水力発電所で天塩川の最上流地点に位置しています。
道営では初めてのダム水路式発電所として、昭和55年(1980年)6月に着工し、昭和58年(1983年)6月に運用開始しました。
取水はポンテシオダムから行い、天塩川に放水しています。

発電所データ

名称 ポンテシオ発電所(ぽんてしおはつでんしょ)
管轄 北海道企業局
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 流込み式
最大出力 11000kW
所在地 北海道士別市朝日町茂志利

発電所の構成

取水河川 天塩川
最大使用水量(m3/S) 8.00
流域面積(㎢) 93.8
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

天塩川
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件