Shigen.net
九頭竜川

九頭竜川

九頭竜川(くずりゅうがわ)

基本情報

九頭竜川は、福井県大野市東市布の岐阜県との県境にある油坂峠(717m)に発し、九頭竜峡谷を経て、坂井市三国町で日本海に注いでいる、幹川流路延長116キロの一級河川です。

流域面積2,930km²(全国 20 位)は福井県の面積の約70%にあたり、県のシンボルの一つとされていて、北陸地方屈指の大河川となります。

上流には九頭竜峡などがあり、また鉛・亜鉛、森林などの資源が豊富です。

流域内市町村

福井県(6市 11町 1村)
福井市、越前市、大野市、勝山市、鯖江市、あわら市、美 山町、松岡町、永平寺町、三国町、丸岡町、春江町、坂井 町、池田町、南越前町、越前町、清水町、上志比村、

岐阜 県(1市)
郡上市

河川施設

ダム

ダム名 形式 堤高(m) 総貯水容量(千㎥)
九頭竜ダム ロックフィル 128.0 353,000
鷲ダム 重力式アーチ 45.0 9,650
仏原ダム 重力式 48.6 3,723
山原ダム 重力式 23.0 900
笹生川ダム 重力式 76.0 58,806
真名川ダム アーチ式 127.5 115,000
浄土寺川ダム 重力式 72.0 2,160
小原ダム 重力式アーチ 35.5 152
永平寺ダム 重力式 55.0 770
広野ダム 重力式 63.0 11,300
桝谷ダム ロックフィル 100.4 24,200
龍ヶ鼻ダム 重力式 79.5 10,200

発電所

発電所名 運転開始年 出力
長野発電所 1968年 220,000kw
湯上発電所 1968年 54,000kw
仏原ダム発電所 2010年 220kw
西勝原第一発電所 1923年 10,900kw
東勝原発電所 1937年 2,800kw
西勝原第三発電所 1968年 49,500kw
西勝原第二発電所 1919年 7,200kw
富田発電所 1958年 19,200kw
壁倉発電所 1958年 25,600kw
市荒川発電所 1944年 46,700kw
広野発電所 1996年 1,400kw
五条方発電所 1953年 17,800kw
真名川発電所 1977年 14,200kw

 

利用状況

九頭竜川での利用状況は、農業用・工業用・上水道・発電所など水の供給をしています。

九頭竜川の豊かで良質な水はコシヒカリに代表される福井平野の米作りや、伏流した地下水も豆腐、そば、地酒や醤油作りにと、密接に地域社会とつながっており、地域社会の人々の精神社会・物質社会において大切な役割を担っています。

過去の災害

明治以降、大きな出水としては23洪水が観測されています。
平成入ってからの台風・梅雨前線・前線等の主な被害状況は、下の表をご覧ください。

被害発生年 被害状況
1989年(平成元年) 死者・行方不明者 0人 浸水家屋 387戸
1989年(平成元年) 死者・行方不明者 0人 浸水家屋 330戸
1998年(平成10年) 死者・行方不明者 0人 浸水家屋 574戸
1998年(平成10年) 死者・行方不明者 0人 浸水家屋 405戸
2004年(平成16年) 死者・行方不明者 5人 浸水家屋 13,635戸

引用元:国土交通省 水管理・国土保全 九頭竜川の主な災害

ライブカメラ

九頭竜川流域に設置されている、4ヶ所のライブカメラを以下のリンク先で観ることが出来ます。

国土交通省 近畿地方整備局 河川情報 九頭竜川・北川 河川ライブ映像

 

九頭竜川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件