サン・ミゲルの要塞都市とアトトニルコにあるナザレのイエスの聖地

世界遺産登録年

2008年

サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・ナサレノ・デ・アトトニルコの聖地は、メキシコのグアナフアト州にあり、18世紀のバロック建築から新古典主義建築へと移行する時期のヨーロッパとラテンアメリカの文化交流、そしてそこから生まれたメキシカン・バロックの精華をよく伝える2つの物件、すなわちサン・ミゲル・デ・アジェンデの町並みと、「メキシコのシスティーナ礼拝堂」の異名を持つアトトニルコのキリスト教建造物群が対象となっている。
2008年にユネスコの世界遺産に登録されている。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.