ヴェルサイユ宮殿と庭園

世界遺産登録年

1979年

1979年に世界遺産に登録された。
ヴェルサイユ宮殿は、1682年、フランス王ルイ14世が建てたフランスの宮殿(建設当初は離宮)である。宮殿内には地方の有力貴族の居住空間も用意され、権力の一極集中を実現していた。そのため、フランス絶対王政の象徴的建造物ともいわれる。宮殿はルイ14世をはじめとした王族と、貴族たちが国政を議論する場であり、時には社交場でもあった。その結果様々なルール・エチケット・マナーが生まれた。それの中に今につながるものもあるという。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.