大井発電所【岐阜県】大井ダム

大井ダム(おおいダム)
大井ダム(おおいダム)

発電所の概要

大井発電所は、岐阜県飛騨市宮川町打保にある関西電力が所有する水力発電です。大正13年に運用を開始しました。木曽川水系和田川、木曽川から取水した水は、最大出力52,000kWの発電を行います。

大井ダム

大井ダムは、岐阜県恵那市大井町字奥戸の岐阜県中津川市蛭川に建設された、関西電力が管理するダムで1924年(大正13年)に竣工しました。堤高53.38m、堤頂長275.76mの重力式コンクリートダムで、発電に使われ木曽川水系で最初に造られたダムです。

ダムカード

ダムカードは配布していません。

ダムカードって何ー国土交通省

発電所データ

名称 大井発電所(おおいはつでんしょ)
管轄 関西電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 52000kW
所在地 岐阜県中津川市蛭川

発電所の構成

取水河川 木曽川、和田川
最大使用水量(m3/S) 139.1
流域面積(㎢) 2083.0
取水箇所数 2
水車形式 立軸単輪単流フランシス水車
水車設置台数(台) 4
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 4

マップ

 

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.