サラマンカの旧市街

世界遺産登録年

1988年

サラマンカの旧市街(Old City of Salamanca)は、スペインのサラマンカ市の旧市街からなる同国の世界遺産のひとつで、1988年に登録されました。

この町の始まりは、古代ローマの属州ヒスパニアにトラヤヌス帝によって建設された植民都市であるとされています。ローマ帝国が滅亡し、イベリア半島がイスラム帝国の支配下に入ると、イスラム文明を享受し、古代ギリシアローマ学問やそれを発展させたイスラム学問がこの地に集積され、中世ヨーロッパ世界にそれらを紹介する場となりました。その後、レコンキスタが進み、この地が再びキリスト教圏になると、アルフォンソ9世によってサラマンカ大学が設立され、サラマンカは「知識を欲するものはサラマンカへ行け」と言われるほどになりました。大航海時代には、天文学の知識などがサラマンカ大学で大いに研究される一方、反宗教改革や異端審問の舞台にもなりました。

サラマンカ大学はヨーロッパ最古の大学の一つであり、旧市街にロマネスク、ゴシックなどさまざまな様式の建築物が残されています。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.