アッコの旧市街

世界遺産登録年

2001年

アッコの旧市街は、イスラエル北部の西ガリラヤ地方に位置する北部地区にある市で、地中海に面した港湾都市であり、歴史的には東地中海交易の拠点として栄えた。イスラエル独立後も、イスラエルに残ったパレスチナ人が多く定住し、人口のおよそ3分の1を占めている。旧市街は地上にオスマン帝国時代の各種建築物が残っているだけでなく、地下により古い十字軍時代の大規模な遺構が現存していることが確認されている。2001年にユネスコの世界遺産リスト(文化遺産)に登録された。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.