峨眉山と楽山大仏

世界遺産登録年

1996年

峨眉山と楽山大仏(がびさんとらくさんだいぶつ)は、中国・四川省にあり、
五台山、普陀山、九華山と並ぶ中国国内の四大仏教聖地の一つで、中国三大霊山の一つ。後漢時代から仏教寺院が建設され、南宋時代には最盛期を迎えた。
1996年にユネスコの世界遺産(複合遺産)に登録された物件。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.