ブッダガヤの大菩提寺

世界遺産登録年

2002年

ブッダガヤの大菩提寺は、インド、ブッダガヤにある寺院。古い煉瓦構造建築様式の1つであり、9層からなり52メートルの高さがある、釈迦牟尼が悟りを開いた場所であり、ビハール州パトナーからおよそ96km離れたところに位置している。 紀元前約530年、僧として放浪している釈迦牟尼がガンジス川支流の森の岸に着いたその位置を示すために造られた。
2002年に世界遺産に登録されました。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.