SHIGEN.NET

神通川第三左岸発電所【富山県】神三ダム

神三ダム(じんさんダム)
神三ダム(じんさんダム)

発電所の概要

神通川第三発電所は、富山県富山市葛原にある北陸電力が所有する水力発電所です。昭和31年に運用を開始しました。神通川から取水した水は、最大出力7,100kWの発電をの発電を行います。

神三ダム

神三ダムは、富山県富山市須原の神通川水系神通川に建設された、北陸電力が管理するダムで1954年(昭和29年)に竣工しました。
堤高15.5m、堤頂長242.0mの重力式コンクリートダムで、発電に利用されています。神通川第一・第二発電所の建設が進む中、新たに神三ダムの建設が計画され、神二ダムからさらに4キロメートル下流に建設するものであり、神二ダムに代わって逆調整の目的を担いました。これにより、神通川第二発電所は神通川第一発電所と連携したピーク運用が可能になったのです。

ダムカード

ダムカードの配布休止についてー富山県

ダムカードって何ー国土交通省

※変更される可能性もあるので、詳細は現地管理所にお問い合わせください。

発電所データ

名称 神通川第三左岸発電所(じんづうがわだいさんさがんはつでんしょ)
管轄 北陸電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 7100kW
所在地 富山県富山市葛原

発電所の構成

取水河川 神通川
最大使用水量(m3/S) 52.31
流域面積(㎢) 2063.0
取水箇所数 1
水車形式 立軸カプラン水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.