アヴィニョン歴史地区:教皇宮殿、大司教座の建造物群およびアヴィニョン橋

世界遺産登録年

1995年

1995年に世界遺産に登録された。南フランスの都市アヴィニョンの景観のうち、教皇宮殿とその周辺、すなわちプチ・パレ(小宮殿)、ノートルダム・デ・ドン大聖堂、サン・ベネゼ橋(アヴィニョン橋)、一部の城壁などを対象とする。
アヴィニョンは14世紀には教皇庁が置かれていた時期があり、世界遺産に登録されたのは、主として当時アヴィニョンの中心として栄えていた地区である。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.