フランドル地方のベキン会の建物

世界遺産登録年

1998年

1998年にユネスコの世界遺産に登録された。
フランドル地域は、ベルギーの北部にあるオランダ語圏で、ベキン会の建物は、ここでは仮に修道院と訳されているが、原語はオランダ語: begijnhof(ベヘインホフ)であり、その歴史をふりかえってみても、従来の修道院ではない。オランダやベルギーに残るベギン会のうち、フランドル地方の計13件がまとめて登録された。ベギンホフが修道院とあやまって訳されている理由としては、もっとも著名なブルージュのベギンホフが本来の居住者を失ったあと、ベネディクト会の修道女によってかいとられて、現在修道院として活用されていることもあずかっているとみられる。

 

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.