ミラノのサンタ・マリア・デッレ・グラーツッエ修道院とレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』

世界遺産登録年

1980年

サンタ・マリア・デッレ・グラーツッエ修道院は、イタリアのミラノにある。ミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの依頼で、レオナルド・ダ・ヴィンチがサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ修道院の食堂の壁画として描いた。完成は1498年。 福音書に登場する一場面として、弟子の裏切りを予言するイエス・キリストと、それを受けて動揺する弟子たちの様子を表した。縦4.2m・横9.1mの巨大なテンペラ画である。
1980年にユネスコの世界遺産に登録された。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.