セビーリャの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館

世界遺産登録年

1987年

「セビリアの大聖堂、アルカサル、インディアス古文書館」は、スペイン第4の都市セビリアにある世界文化遺産です。1987年に登録されました。

「セビリアの大聖堂」は、世界で3番目に大きい大聖堂と称されています。レコンキスタ以前にはここに巨大なモスクがあり、建物自体にその名残がみられます。クリストファー・コロンブスの墓がある事でも有名です。

「アルカサル」は、スペイン王室の宮殿で、14世紀、カスティーリャ王ペドロ1世により、イスラム時代の宮殿の跡地にムデハル様式で建設が始められましたが、その後、君主が交代する度に増築され、ゴシックやルネサンスなどの様式も複雑に混じった建造物となりました。

「インディアス古文書館」は、セビリアの旧商品取引所に置かれている公文書館で、アメリカ大陸やフィリピンにおけるスペイン帝国の歴史を明らかにする上で、比類のない史料群が収められています。所蔵史料の価値もさることながら、この建物はフアン・デ・エレーラがデザインしたもので、ルネサンス建築の中でも、落ち着いた佇まいを持つイタリア系スペイン建築の例証として際立っています。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.