Warning: Constant WP_DEBUG already defined in /home/c5068730/public_html/shigen.net/wp-config.php on line 87
ミケーネとティリンスの古代遺跡群 - 資源ドットネット SHIGEN.NET

ミケーネとティリンスの古代遺跡群

世界遺産登録年

1999年

ミケーネとティリンスの古代遺跡群は、ギリシャに位置する世界遺産であり、古代ギリシャ文明の栄華と繁栄を象徴する重要な遺跡です。これらの遺跡は、紀元前2千年紀から1千年紀にかけて栄えたミケーネ文明と呼ばれる文化の中心地であり、アテネから南西約120キロメートルに位置しています。

ミケーネは、紀元前16世紀から12世紀にかけて栄えた都市国家で、ミケーネ王国の首都でした。ここでは、独特な円筒形の巨石建造物や城壁、王墓などが発掘されており、その建築技術や芸術的な装飾は驚異的です。特に、「ミケーネの獅子門」と呼ばれる門は、巨大な石材を巧みに組み合わせた優れた建築物であり、古代ギリシャ建築の傑作とされています。

一方、ティリンスはミケーネから南に約15キロメートル離れた場所に位置し、ミケーネと同様に古代ギリシャ文明の中心地の一つでした。ティリンスには、城壁や宮殿、市街地の遺跡が残されており、その中でも「メガロン」と呼ばれる円形の王宮は特筆に値します。メガロンは、豪華な装飾や広大な中庭を備えた、ミケーネ文明の政治・宗教の中心地として機能していました。

これらの古代遺跡群は、ギリシャ神話や叙事詩『イリアス』などの文学作品にも登場し、その存在は古代ギリシャ文化の発展と密接に結びついています。ミケーネとティリンスは、商業や芸術、宗教などの分野で栄え、地中海地域全体に大きな影響を与えたとされています。

1999年に世界遺産に登録されたミケーネとティリンスの古代遺跡群は、その優れた建築や文化的な価値、そして古代ギリシャの歴史を伝える重要な遺跡として高く評価されています。この遺跡群は、古代ギリシャの政治、社会、経済、宗教の中心地であったことから、研究者や考古学者にとっても重要な資料となっています。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.