レンゴン渓谷の考古遺跡

世界遺産登録年

2012年

レンゴン渓谷は、マレーシア・マレー半島北部にある渓谷で、考古遺跡がある。183万年前から1700年前の石器加工場・洞窟群である。2012年6月30日、「レンゴン渓谷の考古遺産」として、UNESCOの世界文化遺産に登録された。この遺跡群は、200万年ほど前の旧石器時代のものであると考えられており、アフリカ大陸を除けば世界最古の人類の痕跡とされている。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.