グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区

世界遺産登録年

1984年

グラナダのアルハンブラ宮殿、ヘネラリーフェ離宮、アルバイシン地区は、スペインのグラナダにあり、1984年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。

アルハンブラ宮殿(Palacio de la Alhambra)はグラナダのイスラーム建築の傑作とされ、その美しさから「イスラーム建築の華」と呼ばれることもあります。特に「二姉妹の間」の天井の鍾乳石はその緻密さから、「蜂の巣」と呼ばれ世界最高の建築とたたえられることがあります。

ヘネラリーフェ(El Generalife)は王族のための夏用の離宮で、イスラームの天国をイメージしたとされる庭園があり、詩人に好んで歌い上げられました。

アルバイシン地区(El Albayzín)はグラナダ市内でもっとも古い地区で、元々はイスラーム教徒のための居住区でした。白壁を特徴とし、その景観を壊す開発は禁じられています。

 

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.