アラゴンのムデハル様式建築

世界遺産登録年

1986年

アラゴンのムデハル様式の建築は、1986年にユネスコの世界文化遺産に登録された建築物で、スペイン・アラゴン州の10の建築物からなっています。ムデハル様式とは、イスラム文化の様式を取り入れた中世スペインの建築や装飾の様式で、12世紀から16世紀にアラゴンやカスティーリャで盛んになりました。

ALL OUR OFFICES

Shigen.net Menu

Shigen.net

About US

Finde your own clean life on the earth.