【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
豊平峡ダムー豊平峡発電所

豊平峡発電所

豊平峡ダムー豊平峡発電所

発電所の概要

豊平峡発電所は1972年6月に北海道電力によって運転が開始されました。
この発電所は豊平峡ダムの水を利用したダム水路式の水力発電所です。
豊平峡ダムの少し奥には豊平峡ミュージアムがあり、館内の展示室では豊平峡ダムや豊平川の歴史、自然環境に関するパネルが展示されています。
他にも、ダムの概要説明をパソコンで見ることができたり、ダム貯水池上流側の展示や、周辺に生息している昆虫の標本を見ることができます。
開館時間は平日の9時から16時30までです。

発電所データ

名称 豊平峡発電所(ほうへいきょうはつでんしょ)
管轄 北海道電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 貯水池式
最大出力 51900kW
所在地 北海道札幌市南区定山渓

発電所の構成

取水河川 薄別川、豊平川
最大使用水量(m3/S) 26.40
流域面積(㎢) 159.0
取水箇所数 2
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

北海道電力

国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部

豊平峡ダムー豊平峡発電所
最新情報をチェックしよう!