Shigen.net
新潟火力発電所

東新潟火力発電所

発電所データ

名称 東新潟火力発電所
管轄 東北電力
種別 火力発電所
総出力 481万kW
所在地 新潟県北蒲原郡聖籠町港町

マップ

発電所の構成

港1号機

  • 定格出力:35万kW
  • 使用燃料:重油、LNG
  • 営業運転開始:1972年11月

港2号機

  • 定格出力:35万kW
  • 使用燃料:重油、LNG
  • 営業運転開始:1975年11月

1号機

  • 定格出力:60万kW
  • 使用燃料:重油、原油、天然ガス、LNG
  • 営業運転開始:1977年4月

2号機

  • 定格出力:60万kW
  • 使用燃料:重油、原油、天然ガス、LNG
  • 営業運転開始:1983年6月

3号系列

  • 定格出力:121万kW  3-1号:61.4万kW 3-2号:61.4万kW
  • 使用燃料:LNG
  • 営業運転開始:3-1号:1984年12月 3-2号:1985年10月

4号系列

  • 定格出力:170万kW  4-1号:82.6万kW 4-2号:88.5万kW
  • 使用燃料:LNG
  • 営業運転開始:4-1号:1999年7月 4-2号:2006年12月

※港3号系列(緊急処置電源)2015年3月、5号機(緊急処置電源)2019年3月、それぞれ廃止されました。

発電所の概要

東新潟火力発電所(ひがしにいがたかりょくはつでんしょ)は新潟県北蒲原郡聖籠町東港1-1-155にある東北電力の天然ガス・石油火力発電所です。新潟東港に隣接しています。

港1号機が1972年11月から運転を開始、4号系列までの合計6基(発電機数18基)が建設されました。東北電力最大であり国内でも最大級の火力発電所になります。

かつては沖合に位置していた阿賀沖油ガス田よりパイプラインで天然ガスを利用していましたが、1998年以降は隣接地の埠頭付近に設置したLNG基地から供給を受けています。

発電設備のうち3号系列は、東北電力初の排熱回収多軸型コンバインドサイクル発電方式(ガスタービン3軸と蒸気タービン1軸の合計4軸による発電を行うユニットを2組設置)を採用しました。4号系列は、熱効率が50%を超える性能の排熱回収多軸型1,450℃級コンバインドサイクル発電方式を採用しています。

関連リンク

新潟火力発電所
最新情報をチェックしよう!

火力発電所の最新記事8件