Shigen.net
芦別ダム

芦別発電所

発電所の概要

芦別発電所は、1953年2月に運転が開始された水力発電所です。
取水川である空知川(そらちがわ)の水を発電に利用する計画は大正時代の始めからありました。
大正7年に野花南発電所、大正8年には奔茂尻発電所が検察されたのに続いて、芦別発電所の建設計画がされました。
この建設計画は、第2次世界大戦後の1951年に「対日援助物資見返資金」の融資を受けて工事が着工しました。
芦別発電所のダムは、北海道の空知川に建設され、高さ16.5mの重量式のコンクリートダム、再び空知川に放流されています。

発電所データ

名称 芦別発電所
管轄 北海道電力
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 調整池式
最大出力 10000kw
所在地 北海道芦別市常磐町

マップ

発電所の構成

取水河川 空知川
最大使用水量(m3/S) 84.00
流域面積(㎢) 2172.5
取水箇所数 1
水車形式 カプラン
水車設置台数(台) 1
発電機形式 同期式
発電機設置台数(台) 1

関連リンク

対日援助物資見返資金

国土交通省 北海道開発局 札幌開発建設部

芦別ダム
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件