【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
秋葉ダム(あきはダム)

秋葉第二発電所【静岡県】秋葉ダム

秋葉ダム(あきばダム)
秋葉ダム(あきはダム)

発電所の概要

秋葉第二発電所は、静岡県浜松市龍山町にある電源開発株式会社が所有する水力発電所です。昭和33年(1958年)に運用を開始しました。秋葉ダムの水を取り込み、最大出力35,300kWの発電を行っています。

秋葉ダム

秋葉ダムは、静岡県浜松市天竜区の天竜川本川中流部に建設されたダム。1958年(昭和33年)に竣工した、電源開発株式会社が所有する多目的ダムです。堤高89.0m、堤頂長273.4mの重力式コンクリートダムで、かんがい・工業用水・水力発電を主な目的として、間接的に上水道供給も行い、上流にある佐久間ダムの放流水を調整して下流の水量を平均化する逆調整池です。水力発電は秋葉第一発電所 (46,250kW)、秋葉第二発電所 (35,300kW)、秋葉第三発電所(46,900kW)で行っています。ダム湖の名は秋葉湖(あきはこ)。

秋葉湖
秋葉湖

ダムカード

秋葉ダムのダムカードを配布しています。ダムを訪問されたことが確認できるもの(写真など)をご提示ください。配布は変更・中止される可能性もあるので、詳細はお問い合わせください。

【配布場所】龍山保健センター内 龍山入浴施設「やすらぎの湯」受付カウンター
【所在地】静岡県浜松市天竜区龍山町戸倉711-2(電話 053-969-0082)
【配布日時】水・木曜・祝日は10:30~16:30、金・土・日曜日は10:30~20:00(休館日:毎週月・火曜日、年末年始12/30~1/1)

ダムカード配布案内(J-POWERホームページ)

ダムカード画像コレクション

発電所データ

名称 秋葉第二発電所(あきはだいにはつでんしょ)
管轄 電源開発
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 35300kW
所在地 静岡県浜松市龍山町戸倉、大嶺

発電所の構成

取水河川 天竜川
最大使用水量(m3/S) 110.00
流域面積(㎢) 4490.0
取水箇所数 1
水車形式 立軸カプラン水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

秋葉ダム(あきはダム)
最新情報をチェックしよう!