Shigen.net
米代川

米代川

米代川(よねしろがわ)

基本情報

米代川(よねしろがわ)は、秋田県、青森県、岩手県の3つの県境に位置する中岳(標高 1,024m)に源を発し、主に秋田県の北部を流れて能代市で日本海に注ぐ一級河川です。
延長135km、流域面積 4,100㎢ で秋田県内では雄物川の次に流域面積が広く、東北地方では5番目の大河といわれています。

流域内市町村

秋田県 鹿角市、大館市、北秋田市、能代市
岩手県 八幡平市

河川施設

ダム

ダム名

堤高 ( m )

総貯水容量( 千m³ )
森吉山ダム
(旧阿仁川ダム)
89.9 78,100
早口ダム 61 6,550
萩形ダム 61 14,950
素波里ダム 72 45,500
山瀬ダム 62 12,900
森吉ダム 62 37,200
砂子沢ダム
(建設中)
78.5 8,650

ライブカメラ
森吉山ダムの現在の様子

発電所

発電所名 運転開始年 出力
杉沢発電所 1966年(昭和41年) 15,500kw
萩形発電所 2014年(平成26年) 450kw
湯瀬発電所 1922年(大正11年) 1,425kw
碇発電所 1907年(明治40年) 1,800kw
八幡平発電所 1968年(昭和43年) 5,400kw
柴平発電所 1964年(昭和39年) 2,800kw
銚子(第一)発電所 1897年(明治30年) 2,300kw
大湯(大湯第四)発電所 1908年(明治41年) 3,200kw
山瀬発電所 1991年(平成3年) 2,100kw
小又川第一発電所 1930年(昭和5年) 5,720kw
森吉山ダム管理用発電所 2012年(平成24年) 470kw
森吉発電所 2011年(平成23年) 11,200kw
早口発電所 1975年(昭和50年) 7,500kw
素波里発電所 1970年(昭和45年) 6,300kw

利用状況

米代川は、発電用水、農業用水、上水道、工業用水の順で多く利用されています。
水力発電としては合計21カ所の発電所で利用され、上水道用水としては、鹿角市、大館市、能代市などで取水されています。

過去の災害

米代川の過去の災害は、昭和では4回の洪水被害が発生しており、昭和22年、昭和26年には死亡者も出ているなど甚大な被害を及ぼしました。

平成に入ってからは4回、洪水の被害が発生しており、平成19年の洪水では死者1名、負傷者5名、行方不明者1名の被害が発生しています。

平成以降の被害状況は以下の表のとおりです。

被害発生年日 被害状況
平成10年(1998)6月26日 家屋の浸水27戸、田畑浸水1,347ha、公共被害119ヶ所
平成19年(2007)9月17日 死者1名、負傷者5名、行方不明1名、家屋の流出・倒壊224戸、家屋の浸水636戸、田畑浸水2,640ha、公共被害433ヶ所
平成25年(2013)8月9日 家屋被害996戸
平成25年(2013)9月16日 家屋被害598戸

引用元:国土交通省 米代川の主な災害

ライブカメラ

米代川周辺に12か所設置されたライブカメラで米代川の現在の様子を観る事が出来ます。

国土交通省 東北地方整備局 能代河川国道事務所 提供 ライブカメラ

米代川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件