【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
加治川治水ダム(かじがわちすいダム)

焼峰発電所 ー 加治川治水ダム

加治川治水ダム(かじがわちすいダム)
加治川治水ダム(かじがわちすいダム)

発電所の概要

焼峰発電所は、新潟県新発田市滝谷にある新潟県が所有する水力発電所です。
平成4年(1992年)に運用開始しました。
加治川治水ダムから取水し、横軸フランシス水車1台と横軸三相交流誘導発電機1台で1100kWの発電を行っています。
加治川治水ダムは、日本最大の治水ダムでもあり、加治川の治水のみを目的とした全国でも珍しい防災専用のダムです。

加治川治水ダムは、ダムカードを配布していますが、冬季など配布を行っていない期間もあります。
現在(2021年9月)、新型コロナウイルスの感染症の感染拡大防止や管理上の観点から、ダムカードの配布を休止しています。
詳しくはホームページをご確認ください。

新潟県 「ダムカードの配布」を当面の間休止します

発電所データ

名称 焼峰発電所(やけみねはつでんしょ)
管轄 新潟県
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 貯水池式
最大出力 1100kW
所在地 新潟県新発田市滝谷

発電所の構成

取水河川 加治川
最大使用水量(m3/S) 4.00
流域面積(㎢) 88.0
取水箇所数 1
水車形式 横軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流誘導
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

新潟県 加治川治水ダム

加治川治水ダム(かじがわちすいダム)
最新情報をチェックしよう!