Shigen.net

苫東厚真発電所

Tomatō-Atsuma Power Station
achappe from Hakodate, Hokkaido, JAPAN, CC BY 2.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

発電所データ

名称   苫東厚真発電所(とまとうあつまはつでんしょ)
管轄 北海道電力
種別 火力発電所
総出力 165万kw
所在地 北海道勇払郡厚真町

マップ

発電所の構成

※3号機は1998年3月に運転を開始、2005年10月に廃止になりました。

1号機

  • 定格出力:35万kW
  • 使用燃料:石炭(海外炭含む)
  • 営業運転開始:1980年(昭和55年)10月

2号機

  • 定格出力:60万kW
  • 使用燃料:石炭(海外炭含む)
  • 営業運転開始:1985年(昭和60年)10月

4号機

  • 定格出力:70万kW
  • 使用燃料:石炭(海外炭含む)
  • 営業運転開始:2002年(平成14年)6月

発電所の概要

苫東厚真発電所は苫小牧市の東20㎞、新千歳空港の南25㎞の地域に立地しています。

1980年10月に1号機が運転開始、4号機まで建設されました。
当初から海外炭の使用が予定されていたので、2号機以降は海外炭を使用し、1号機も海外炭対応の為1987年に工事を行い運転開始しました。

1998年に運転開始した3号機は、商用として世界初の加圧流動床複合発電方法を採用し、3号機は高効率と低環境負荷が期待されたが、数々のトラブルが発生し多額の修理コストが問題となり2005年3月に廃止となりました。

関連リンク

最新情報をチェックしよう!

火力発電所の最新記事8件