【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
高津戸ダム
高津戸ダム
高津戸ダム

発電所の概要

高津戸発電所は、群馬県みどり市大間々町高津戸にある群馬県企業局が所有する水力発電所です。
昭和48年(1978年)に運用開始しました。
ダム直下の建屋が発電所にあたります。
高津戸ダムから貯水して、渡良瀬川へ放水しています。
立軸プロペラ水車を1台、立軸三相交流同期発電機1台を使用して最大5,300kWの発電を行っています。

ダムカード

高津戸ダムでは、群馬県企業局よりダムカードが配布されていましたが、令和3年8月4日(水)よりダムカードの配布を休止しています。
詳しくはホームページでご確認ください。

群馬県 「ダムカードの配布」及び「ダム堤体見学」のお知らせ

発電所データ

名称 高津戸発電所(たかつどはつでんしょ)
管轄 群馬県企業局
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 調整池式
最大出力 5300kW
所在地 群馬県みどり市大間々町高津戸

発電所の構成

取水河川 渡良瀬川
最大使用水量(m3/S) 30.00
流域面積(㎢) 472.0
取水箇所数 1
水車形式 立軸プロペラ水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

高津戸ダム
最新情報をチェックしよう!