【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
須田貝発電所(すだがいはつでんしょ)

須田貝発電所 ー 日本初の地下水力発電所ー 須田貝ダム

須田貝発電所(すだがいはつでんしょ)
須田貝発電所(すだがいはつでんしょ)

発電所の概要

須田貝発電所は、群馬県利根郡みなかみ町藤原にある東京電力リニューアブルパワー株式会社が所有する水力発電所です。
昭和30年(1955年)に運用開始しました。
東京電力が初めて地下に作った水力発電所で、建屋は外から見ることが出来ません。
水車2台、発電機2台を使用して最大46,200kWの発電を行っています。
取水は須田貝ダムから行っていて、利根川へ放水しています。

この須田貝ダムは、東京電力が管理している発電専用の重力式コンクリートダムで、経済性や、ひび割れの発生を抑制させるために、日本で初めてフライアッシュと呼ばれる灰の一種をダムのコンクリートに使用しています。

ダムカード

須田貝ダムでは、東京電力リニューアブルパワーよりダムカードが配布されています。
配布日時や配布条件等がありますので、詳しくはホームページでご確認ください。

TEPCO 東京電力リニューアブルパワー 群馬県 須田貝ダム

発電所データ

名称 須田貝発電所(すだがいはつでんしょ)
管轄 東京電力
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 調整池式
最大出力 46200kW
所在地 群馬県利根郡みなかみ町藤原

発電所の構成

取水河川 利根川
最大使用水量(m3/S) 65.00
流域面積(㎢) 310.1
取水箇所数 1
水車形式 立軸単輪単流渦巻フランシス水車
水車設置台数(台) 2
発電機形式 立軸交流三相同期
発電機設置台数(台) 2

マップ

須田貝発電所(すだがいはつでんしょ)
最新情報をチェックしよう!