Shigen.net
庄川

庄川

庄川(しょうがわ)

基本情報

庄川(しょうがわ)は、岐阜県北部および富山県西部を流れる、庄川水系の一級河川です。
庄川は鷲ヶ岳と烏帽子岳の間の谷を水源とし、射水市から富山湾へ注いでいます。
河川の長さは115km、流域面積は1,189㎡あります。
庄川では鮎の漁場としても有名で、庄川用水合ダムから富山湾までの約26キロの区間が鮎を釣る人々で毎年にぎわっています。 

流域内市町村

岐阜県 高山市、郡上市、大野郡白川村

富山県 南砺市、砺波市、高岡市、射水市、富山市

河川施設

ダム

ダム名 堤高
(m)
総貯水量
(千㎥)
御母衣ダム 131 370,000
鳩原ダム
(別名:大牧ダム)
63.2 33,539
椿原ダム 68.2 22,274
成出ダム 53.2 9,709
小原ダム 52 11,741
赤尾ダム 29.2 1,465
祖山ダム 73.2 33,850
庄川合口ダム
(別名:舟戸ダム)
18.5 626
小牧ダム 79.2 37,957

引用元:日本ダム協会

水力発電所

発電所名 最大出力
(kw)
運転開始年月
鳩谷発電所 40,900 昭和31年11月
新椿原発電所 63,100 昭和50年3月
椿原発電所 39,700 昭和29年1月
新成出発電所 59,300 昭和50年3月
成出発電所 35,000 昭和26年11月
赤尾発電所 32,500 昭和53年10月
小原発電所 45,700 昭和17年12月
新小原発電所 45,000 昭和55年4月
祖山発電所 54,300 昭和5年12月
新祖山発電所 68,000 昭和42年2月
大牧発電所 15,600 昭和19年5月
小牧発電所 85,600 昭和5年11月
中野発電所 6,700 昭和14年12月
雄神発電所 14,000 昭和42年3月

引用元:関西電力

利用状況

庄川の水の多くは農業用水に利用されています。
そのほかにも工業用水や、水道用水や発電用水としても利用されています。
庄川の水の目的別の割合は下の表のようになっています。

目的 水利用割合
農業用水 4.52%
水道用水 0.094%
工業用水 0.241%
発電用水 95.1%
その他 0.003%

※平成23年2月現在

引用元:国土交通省河川局

過去の災害

過去に起きた庄川流域で起きた洪水のほとんどが、台風によるものです。
明治時代に起きた洪水は30回を超え、昭和、平成にかけても頻繁に洪水が発生しています。

昭和以降の災害は以下の通りです。

発生年月 被害状況
昭和9年7月 死者20名、負傷者240名、流失家屋92戸、民家破損5,418戸、浸水家屋4,009戸,田畑冠水4,1658ha
昭和50年8月 浸水家屋13戸、農地・宅地浸水1ha
昭和51年9月 流失家屋8戸、浸水家屋42戸、農地・宅地浸水11ha、加越能鉄道橋落橋
昭和58年9月 浸水家屋15戸
昭和60年6月 床下浸水9戸
平成16年10月 射水市大門付近で、観測史上最大の流量3,396㎥/sを記録。高岡市、新湊市(現射水市)で初めての避難勧告発令。
堤防護岸が欠損した場所や根固流出。

引用元:国土交通省 水管理・国土保全

ライブカメラ

国土交通省のライブカメラで合計 の庄川水系の様子を見ることができます。

国土交通省 北陸地方局 川の防災情報 富山県県西部エリア

庄川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件