【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
岩松ダム

新岩松発電所

Iwamatsu-51-r1

発電所の概要

新岩松発電所は2016年1月27日に運転が開始されました。
1942年1月から2015年5月まで運用されていた岩松発電所の老朽化に伴い、2013年7月より建設が進められていました。新岩松発電所は岩松発電所と比べて年間1千万kWhの発電量が増え、年間約3400トンものCO2排出削減効果が見込まれています。

また、取水源である岩松ダムは、2019年9月25日に歴史的価値のある土木構造物として「選奨土木遺産」に認定されました。

発電所データ

名称 新岩松発電所(しんいわまつはつでんしょ)
管轄 北海道電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 16000kW
所在地 北海道上川郡新得町屈足

マップ

発電所の構成

取水河川 十勝川
最大使用水量(m3/S) 45.0
流域面積(㎢) 788.3
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

関連リンク

北海道電力株式会社

ほくでん 岩松ダムの土木学会「選奨土木遺産」認定について

岩松ダム
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件