【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
山形県小国川

【瀬見発電所】滝のような放水が綺麗な山形県の水力発電所

山形県小国川
瀬見発電所の取水・放水先となる小国川

発電所の概要

瀬見発電所は、山形県最上郡最上町志茂に位置し、東北電力が所有する水力発電所で、山形県で最も古い白岩発電所に続き2番目に古い発電所です。
昭和45年(1912年)に運用を開始しました。
発電所のすぐ脇から小国川に放水される様子が滝のように見えて綺麗です。

発電所データ

名称 瀬見発電所(せみはつでんしょ)
管轄 東北電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 380kW
所在地 山形県最上郡最上町志茂

発電所の構成

取水河川 最上小国川
最大使用水量(m3/S) 3.34
流域面積(㎢) 300.0
取水箇所数 1
水車形式 横軸フランシス水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

山形県小国川
最新情報をチェックしよう!