【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
三居沢発電所(さんきょざわはつでんしょ)

日本で最初の水力発電所【三居沢発電所】宮城県仙台市

三居沢発電所(さんきょざわはつでんしょ)
三居沢発電所(さんきょざわはつでんしょ)

発電所の概要

三居沢発電所は、宮城県仙台市青葉区荒巻字三居沢にある東北電力が所有する日本で最初の水力発電所です。
明治21年(1888年)7月1日に運用開始されました。
最大出力は1,000kWで広瀬川で取水と放水を行っています。
隣接する三居沢電気百年館では、現在稼働中の発電機や、運用開始当時の5kW直流発電機と同型モデルの複製品を見学する事ができます(要予約)。
詳しくは東北電力の案内をご確認ください。

東北電力 三居沢電気百年館 施設概要
パンフレット(PDF)

発電所データ

名称 三居沢発電所(さんきょざわはつでんしょ)
管轄 東北電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 1000kW
所在地 宮城県仙台市青葉区三居沢

発電所の構成

取水河川 広瀬川
最大使用水量(m3/S) 5.57
流域面積(㎢) 281.6
取水箇所数 1
水車形式 横軸二輪単流前口双子フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸回転界磁 三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

三居沢発電所(さんきょざわはつでんしょ)
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件