【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
出し平ダム(だしだいらダム)

音沢発電所【富山県】出し平ダム

出し平ダム(だしだいらダム)
出し平ダム(だしだいらダム)

 

発電所の概要

音沢発電所は、富山県黒部市宇奈月町にある関西電力株式会社が所有する水力発電所です。昭和60年(1985年)に運用を開始しました。出し平ダムの水を取り込み、最大出力124,000kWの発電を行っています。

黒部川電気記念館 ー 関西電力

出し平ダム

出し平ダムは、富山県黒部市の黒部川水系黒部川に建設されたダム。昭和60年(1985年)に竣工しました。堤高76.7m、堤頂長136.0mの越流型直線重力式コンクリートダムで、水力発電を目的とする、関西電力株式会社所有のダムです。日本で初めて、ダム湖の堆砂を排出するための「排砂ゲート」が設置されました。初の排砂実験では漁業被害を起こす結果となりましたが、自然との共存を目指して運用改善の努力が続けられています。このダムから関西電力の新柳河原水力発電所と音沢水力発電所と出し平発電所が取水して発電しています。

ダムカード

現在ダムカードは配布していません。

発電所データ

名称 音沢発電所(おとざわはつでんしょ)
管轄 関西電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 124000kW
所在地 富山県黒部市宇奈月町音澤黒部川

発電所の構成

取水河川 黒部川
最大使用水量(m3/S) 74.00
流域面積(㎢) 461.2
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

出し平ダム(だしだいらダム)
最新情報をチェックしよう!