【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
水力発電所イメージ
MinamiAizuNango
伊南川

発電所の概要

大津岐発電所は、電源開発株式会社が所有する水力発電所です。
福島県南会津郡檜枝岐村に位置し、昭和43年に運用を開始し、現在も現役で稼働しています。
取水先の大津岐ダムは日本初のアスファルトフェイシングロックフィルダムとなっています。

発電所データ

名称 大津岐発電所(おおつまたはつでんしょ)
管轄 電源開発
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 38000kW
所在地 福島県南会津郡檜枝岐村

発電所の構成

取水河川 舟岐川、伊南川、小ヨッピ川、大ヨッピ川、滝沢、袖沢、御神楽沢、ミノコクリ沢、一ノ沢
最大使用水量(m3/S) 22.00
流域面積(㎢) 179.6
取水箇所数 8
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

水力発電所イメージ
最新情報をチェックしよう!