【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
大久保ダム

有効落差5.7mで発電!大久保発電所【長野県】大久保ダム

大久保ダム
大久保ダム

発電所の概要

大久保発電所は、長野県駒ヶ根市東伊那にある中部電力が所有する水力発電所です。
昭和2年(1927年)に運用開始しました。
発電所から約376m離れた上流にある大久保ダムから取水し、水車1台(4輪)、発電機1台を使用して最大1,500kWの発電を行っており、発電に使われた水は天竜川へ放水しています。
この発電所の水車は一般的なフランス水車とは異なり、横軸四輪単流露出双子フランシス水車といって、一つのシャフトに四輪の水車が連結し、長さが27mもある珍しい水車を採用しています。
また、有効落差が5.7mと低く、全国でも珍しい発電所です。

大久保ダム

大久保ダムは、1927年竣工の中部電力が管理している発電用のダムです。
堤高3.488m、堤頂長99.09mの重力式コンクリートダムです。
堤高が15m以下ですが、ダムと呼ばれています。

関連記事

下の写真は、ダム、堰(せき)、水門のうちどれでしょうか? 正解は、「堰(せき)」です。 これを見た目で判断するのは難しいと思います。 この記事では、川にある建造物でダム、堰(せき)、水門は、どのような違いがあるのか、そ[…]

これはダム、堰、水門か

ダムカード

大久保ダムではダムカードの配布は行われておりません。

発電所データ

名称 大久保発電所(おおくぼはつでんしょ)
管轄 中部電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 流込み式
最大出力 1500kW
所在地 長野県駒ヶ根市東伊那

発電所の構成

取水河川 天竜川
最大使用水量(m3/S) 33.38
流域面積(㎢) 1571.4
取水箇所数 1
水車形式 フランシス水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

大久保ダム
最新情報をチェックしよう!