【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
大井川ダム(おおいがわダム)

大井川発電所【静岡県】大井川ダム、寸又川ダム、横沢川第二ダム

大井川ダム(おおいがわダム)
大井川ダム(おおいがわダム)

発電所の概要

大井川発電所は、中部電力が所有する水力発電所です。昭和9年に運用を開始し、現在も現役で稼働しています。静岡県榛原郡川根本町に位置しており、最大出力68200kWの発電を行っています。すぐ近くを流れる大井川(大井川ダム)、寸又川(寸又川ダム)、横沢川(横沢川ダム)から取水しています。

大井川ダム

大井川ダム(おおいがわダム)は、大井川水系大井川に建設されたダムです。大井川水系の中でも歴史の古いダムで、昭和11年(1936年)に施工しました。堤高:33.5m、堤頂長:65.8m、堤体積:24,000立方メートルの越流型直線重力式コンクリートダムです。

寸又川ダム

寸又川ダム(すまたがわダム)は、大井川水系寸又川に建設されたダムで、昭和11年(1936年)に施工しました。堤高:34.8m、堤頂長:58.8m、堤体積:21,000立方メートルの越流型直線重力式コンクリートダムです。

横沢川ダム

横沢川第二ダム(よこさわがわだいにダム)は、大井川水系横沢川に建設されたダムです。昭和11年(1936年)に施工しました。堤高:18.5m、堤頂長:292m、堤体積:3,000立方メートルの重力式コンクリートダムです。大井川ダムと寸又川ダムから取水された水がこのダムへ集まり、ここから大井川発電所へ送水されます。

 

ダムカード

ダムカードは配布していません。

ダムカード(中部地方)ー国土交通省

ダムカードって何?ー国土交通省

発電所データ

名称 大井川発電所(おおいがわはつでんしょ)
管轄 中部電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 調整池式
最大出力 68200kW
所在地 静岡県榛原郡川根本町元藤川

発電所の構成

取水河川 大井川
最大使用水量(m3/S) 72.35
流域面積(㎢) 787.2
取水箇所数 4
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 3
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 3

マップ

大井川ダム(おおいがわダム)
最新情報をチェックしよう!