Shigen.net
雄物川

雄物川

雄物川(おものがわ)

基本情報

雄物川(おものがわ)は、秋田県と山形県の県境付近にある大仙山(標高920m)に源を発し、奥羽山脈から発する皆瀬川、横手川などの各支川と合流し、十分一沢川と南沢川が合流して雄物川になり、秋田市街の南部を流れて秋田市新屋町で日本海に注ぎます。
流域面積は4,710㎢、流路延長133km 、5市2町1村からなる一級河川です。
雄物川河川公園では水遊びやカヌーなどが出来るほか、夏には雄物川花火大会や全国花火競技大会が開催されています。

流域の自治体

秋田県 湯沢市、雄勝郡羽後町、横手市、大仙市、秋田市

河川施設(ダム)

ダム名 堤高 ( m ) 総貯水容量( 千m³ )
玉川ダム 100 254,000
皆瀬ダム 66.5 31,600
成瀬ダム 114.5 78,500
鎧畑ダム 236 51,000
旭川ダム 51.5 5,200
岩見ダム 71.3 19,300
協和ダム
(旧淀川ダム)
79.3 7,800
大松川ダム 65 12,150

利用状況

雄物川流域は特に水田が多くあり、秋田県全体の約半分を占めるほどの穀倉地帯となっています。こうした農業用水の他、水道水、工業用水などにも利用され、人々の生活を支えています。

過去の災害

雄物川流域の水害で過去に最も被害が大きかったのは、明治27年(1894年)の前線の停滞による洪水で、この時の死者・行方不明者は334名、浸水家屋は18,947戸という記録があり。

それ以降も幾度も洪水が発生しており、平成以降の記録は以下の通りとなっています。

被害発生年 被害状況
2002年(平成14年) 死者・行方不明者0名、浸水家屋510戸
2007年(平成19年) 死者・行方不明者0名、浸水家屋273戸
2011年(平成23年) 死者・行方不明者0名、浸水家屋445戸

整備計画

国土交通省東北地方整備局による雄物川水系河川整備計画(大臣管理区間)が平成26年11月に公表されています。

河川流域では幾度となく洪水や渇水の被害が発生していることから、河川の環境整備と保全の改善に向けて計画がされています。

また、雄物川上流では、河道内にわんど・たまりが数多く形成されており、生物の生息環境の場としては良い環境となっていますが、この環境が近年悪化しているため、「雄物川自然再生計画」を策定し雄物川の河川環境改善のための取り組みがされています。

わんど・・・死水域。水がよどむところ。
たまり・・・水の入れ替えがすくないところ。

雄物川自然再生計画

 

 

 

 

 

 

雄物川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件