【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
小俣ダム(おまたダム)

小俣ダム発電所【富山県】小俣ダム

小俣ダム(おまたダム)
小俣ダム(おまたダム)

発電所の概要

小俣ダム発電所は、富山県富山市才覚地にある北陸電力株式会社が所有する水力発電所です。昭和35年(1960年)に運用を開始しました。小口川(小俣ダム)から取水した水で最大出力3,200kWの発電を行います。

小俣ダム

小俣ダムは、富山県富山市才覚地の常願寺川水系小口川に建設されたダム。昭和37年(1962年)に竣工しました。堤高37.0m、堤頂長131.5mの越流型重力式コンクリートダムで、北陸電力所有の発電専用ダムです。ダム湖右岸にある新中地山発電所で発電に使用した水が下流で急激に増減することを防ぐため、逆調整池として水を一時的に貯えたのち、小俣ダム発電所と小俣発電所に送水して発電に再利用しています。

ダムカード

ダムカードは配布していません。

ダムカードって何?ー国土交通省【https://www.mlit.go.jp/river/kankyo/campaign/shunnkan/damcard.html

発電所データ

名称 小俣ダム発電所(おまただむはつでんしょ)
管轄 北陸電力
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 調整池式
最大出力 3200kW
所在地 富山県富山市才覚地

発電所の構成

取水河川 小口川
最大使用水量(m3/S) 30.00
流域面積(㎢) 275.4
取水箇所数 1
水車形式 横軸カプラン水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流誘導
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

小俣ダム(おまたダム)
最新情報をチェックしよう!