【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
糠平湖ー糠平発電所

糠平湖ー糠平発電所

糠平湖

発電所の概要

糠平発電所は、北海道十勝川水系音更川にある水力発電所で、1956年1月に電源開発株式会社によって運転が開始されました。
糠平ダムでためられた水を水路で下流に流し、大きな落差を利用して発電をしています。
糠平ダムは発電専用ダムで、電源開発によって管理され、道東の重要な電源となっています。
ダムによって形成された人造湖「糠平湖」は観光地となっています。
冬になるとワカサギ釣りでにぎわい、そのほかにもニジマスやアメマス、ウグイなどたくさんの魚が生息しています。

発電所データ

名称 糠平発電所(ぬかびらはつでんしょ)
管轄 糠平発電所
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 貯水池式
最大出力 45.00kW
所在地 北海道上川郡上士幌町黒石平

発電所の構成

取水河川 音更川
最大使用水量(m3/S) 45.00
流域面積(㎢) 387.8
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 2
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 2

マップ

関連リンク

電源開発

Wikipedia

糠平湖ー糠平発電所
最新情報をチェックしよう!

水力発電所の最新記事8件