【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
寝覚発電所(ねざめはつでんしょ)

寝覚発電所【長野県】木曽ダム

木曽ダム(きそダム)
木曽ダム(きそダム)

発電所の概要

寝覚発電所は、長野県木曽郡上松町小川にある関西電力株式会社が所有するダム水路式の水力発電所です。昭和13年に運用を開始しました。最大出力35,000kWの発電を行います。
関東方面と関西方面、どちらにも送電できるよう、50ヘルツ・60ヘルツどちらの周波数でも運転可能な水車発電機を備えています。

木曽ダム

木曽ダムは、長野県木曽郡木曽町福島の木曽川水系王滝川に建設された、関西電力(株)の発電専用のダムで、1968年に竣工しました。堤高35.2m、堤頂長132.5mの越流型直線重力式コンクリートダムで、木曽発電所と寝覚発電所の2か所の取水ダムとして機能しています。また、上流の牧尾ダムと揚水発電も行っており、こちらの木曽ダムは下部ダムにあたります。

ダムカード

現在ダムカードの配布は行っておりません。

発電所データ

名称 寝覚発電所(ねざめはつでんしょ)
管轄 関西電力
種別 一般水力
発電形式 ダム水路式
発電方式 流込み式
最大出力 35000kW
所在地 長野県木曽郡上松町小川

発電所の構成

取水河川 木曽川、王滝川、小川
最大使用水量(m3/S) 65.80
流域面積(㎢) 985.0
取水箇所数 3
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 2
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 2

マップ

 

寝覚発電所(ねざめはつでんしょ)
最新情報をチェックしよう!