【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
奈良俣ダム・奈良俣発電所

奈良俣発電所 ー 奈良俣ダム

奈良俣ダム・奈良俣発電所
奈良俣ダム・奈良俣発電所

発電所の概要

奈良俣発電所は、群馬県利根郡水上町にある群馬県企業局が所有する水力発電所です。
平成1年(1989年)に運用開始しました。
奈良俣ダムから取水し、水車1台、発電機1台を使用して最大12,800kWの発電をしています。
この奈良俣ダムは、平成2年(1990年)竣工のロックフィルダムで堤高158mは利根川水系の中では一番の高さになります。
このダム湖は、展望台にダム資料館もあり、その他、カヤックやキャンプも楽しむことが出来ます。
発電所の見学ツアーが、みなかみ町主催で行われていましたが、現時点(2021年9月)では予定されていません。

沼田総合管理所 奈良俣ダム ダム湖の利用について

ダムカード

奈良俣ダムでは、独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所により、ダムカードが配布されています。
現在(2021年9月)新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、配布を休止しています。
詳しくはホームページでご確認ください。

独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所【ダムカード及びダムかるたの配布について】

発電所データ

名称 奈良俣発電所(ならまたはつでんしょ)
管轄 群馬県企業局
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 貯水池式
最大出力 12800kW
所在地 群馬県利根郡水上町

発電所の構成

取水河川 楢俣川、湯ノ小屋沢川
最大使用水量(m3/S) 11.00
流域面積(㎢) 95.4
取水箇所数 1
水車形式 立軸フランシス
水車設置台数(台) 1
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

関連リンク

独立行政法人 水資源機構 奈良俣ダム

奈良俣ダム・奈良俣発電所
最新情報をチェックしよう!