Shigen.net
南横浜火力発電所

南横浜火力発電所

TEPCO MinamiYokohama01.jpg妖精書士, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

 発電所データ

名称 南横浜火力発電所(みなみよこはまかりょくはつでんしょ)
管轄 JERA 50Hz
種別 火力発電所
総出力 115万kW
所在地 神奈川県横浜市磯子区新磯子町37-1

マップ

発電所の構成

総出力:115万kW(2016年4月1日現在)
敷地面積:約17万m2
発電方式:汽力発電方式

1号機

  • 定格出力:35万kW
  • 使用燃料:LNG
  • 熱効率:42.4%(低位発熱量基準)
  • 営業運転開始:1970年5月

2号機

  • 定格出力:35万kW
  • 使用燃料:LNG
  • 熱効率:42.4%(低位発熱量基準)
  • 営業運転開始:1970年4月

3号機

  • 定格出力:45万kW
  • 使用燃料:LNG
  • 熱効率:42.4%(低位発熱量基準)
  • 営業運転開始:1973年5月

発電所の概要

南横浜火力発電所は神奈川県横浜市にあるJERAの天然ガス火力発電所で、世界初のLNG専焼火力発電所です。1970年に1号機と2号機が運転を開始し、1973年には3号機までが建設されました。

地球環境を守るため、燃料にLNGを使用して、酸性雨やばいじんの原因となる硫黄酸化物を排出させないほか、発電所から排出される水は適切に前処理された後、総合配置処理層で凝縮・沈殿・ろ過・中和などの方法で浄化をし、そのうえで水質を確認してから排水を行っているため、海を汚さない取りくみがされています。

関連リンク

南横浜火力発電所
最新情報をチェックしよう!

火力発電所の最新記事8件