【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
松川ダム(まつかわダム)

松川ダム発電所【長野県】松川ダム

松川ダム(まつかわダム)
松川ダム(まつかわダム)

発電所の概要

松川ダム発電所は、長野県飯田市上飯田にある長野県が所有する水力発電所です。
昭和61年に運用を開始しました。
松川ダムの水を取り込み、最大出力1200kWの発電を行います。

松川ダム

松川ダムは、長野県飯田市の天竜川水系松川に建設されたダムで、1974年(昭和49年)に竣工しました。堤高84.3m、堤頂長165.0mの越流型直線重力式コンクリートダムで、洪水調節・不特定利水・上水道を目的とする、長野県企業局所有の県営多目的ダムです。
松川ダムでは土砂の流入での堆砂が進んでいるため、全国でも数少ない、排砂のためのバイパストンネル工事の再開発事業を進めています。

松川ダム管理事務所ー長野県ホームページ

ダムカード

松川ダム発電管理所(電話0265-23-0622)にて配布しています。
9時00分から17時00分(土・日・祝日を含む)

変更される可能性もあるので、詳細は現地管理所にお問い合わせください。

発電所データ

名称 松川ダム発電所(まつかわだむはつでんしょ)
管轄 長野県
種別 一般水力
発電形式 ダム式
発電方式 流込み式
最大出力 1200kW
所在地 長野県飯田市上飯田

発電所の構成

取水河川 松川
最大使用水量(m3/S) 2.50
流域面積(㎢) 60.0
取水箇所数 1
水車形式 横軸フランシス水車
水車設置台数(台) 1
発電機形式 横軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 1

マップ

 

松川ダム(まつかわダム)
最新情報をチェックしよう!