Shigen.net
球磨川

球磨川

球磨川(くまがわ)

基本情報

球磨川(くまがわ)は球磨川水系の本流で、熊本県の銚子笠(標高1489.2m)に源流があり、人吉・球磨盆地をから代平野を抜けて、八代海へ注ぐ延長115kmの一級河川です。
最上川と富士川に並ぶ日本三大急流の一つでもあります。

日本を代表する25の景勝地、日本二十五勝にも選定されています。

流域内市町村

熊本県

球磨郡水上村、湯前町、多良木町、あさぎり町、錦町、人吉市、球磨村、葦北郡芦北町、八代市

河川施設

ダム

ダム名 堤高
(m)
総貯水量
(千㎥)
市房ダム 78.5 40,200
幸野ダム 21.21 326
瀬戸石ダム 26.5 9,930
荒瀬ダム 65.6 2,580

引用元:日本ダム協会 ダム便覧

水力発電所

発電所名 最大出力
(kw)
運転開始年月
市房第一発電所 15,100 昭和35年3月
市房第二発電所 2,300 昭和35年3月
瀬戸石発電所 20,000 昭和33年9月
幸野溝発電所 6.7 平成25年8月

引用元:水力ドットコム

利用状況

球磨川の水は農業用水や、八代平野の臨海工業地帯における製造業などの工業用水、水力発電などに利用されています。

目的 最大取水量
(㎥/s)
生活用水 0.283
農業用水 19.143
工業用水 2.758
発電用水 45.400

引用元:国土交通省 河川局

過去の災害

球磨川流域は前線や台風の影響を受け、大雨が降りやすい多雨地帯にあります。
特に被害が大きかったのは、昭和40年の梅雨前線の停滞により球磨川流域で豪雨によるものでした。
この豪雨で家屋の損壊・流失1,281戸、床上浸水2,751戸、床下浸水10,174戸の被害を発生しました。

平成以降に起きた主な洪水の被害は以下の通りです。

発生年月 被害状況
平成11年9月 床上浸水3棟、床下浸水20棟
平成16年8月 床上浸水13棟、床下浸水36棟
平成17年9月 床上浸水46棟、床下浸水73棟
平成18年7月 床上浸水41棟、床下浸水39棟
平成20年6月 床上浸水18棟、床下浸水15棟
平成23年6月
床上浸水4棟、床下浸水4棟
令和2年7月 死者・行方不明者62人、全壊・半壊・一部破損618棟、床上浸水5,349棟、床下浸水1,534棟

引用元:国土交通省 水管理・国土保全(平成)
一般社団法人国土技術センター(令和)

ライブカメラ

国土交通省 のライブカメラで球磨川の様子を見ることができます。

国土交通省九州地方整備局 八代河川国道事務所

球磨川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件