【資源ドットネット】 私たちの地球に、今何がおこっているのか?
黒部ダム

鬼怒川発電所 ー 黒部ダム 日本一堤高の高いダム

黒部ダム
黒部ダム

発電所の概要

鬼怒川発電所は、栃木県日光市鬼怒川温泉滝にある東京電力リニューアブルパワー株式会社が所有する水力発電所です。
昭和38年(1963年)に運用開始しました。
取水先は黒部ダムで、水車2台、発電機2台を使用して最大127,000kW の発電を行っています。
この黒部ダムは、日本で最初に建設された発電専用のコンクリートダムで、日本一の堤高のダムです。
黒部ダムは、富山県東部に流れる黒部川に建設され、北陸電力の事業地域となりますが、関西電力が建設しており、発電された電気は関西電力の事業地域に送電されています。

また、黒部ダムは観光地としてもとても人気で、観光放水や各種ツアーが行われています。
詳しくは黒部ダムのホームページをご確認ください。

黒部ダム

発電所データ

名称 鬼怒川発電所(きぬがわはつでんしょ)
管轄 東京電力
種別 一般水力
発電形式 水路式
発電方式 調整池式
最大出力 127000kW
所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉滝

発電所の構成

取水河川 鬼怒川
最大使用水量(m3/S) 45.00
流域面積(㎢) 277.0
取水箇所数 7
水車形式 立軸フランシス水車
水車設置台数(台) 2
発電機形式 立軸三相交流同期
発電機設置台数(台) 2

マップ

関連リンク

黒部ダム(Wikipedia)

黒部ダム
最新情報をチェックしよう!