Shigen.net
紀の川

紀の川

紀の川(きのかわ)

 

基本情報

紀の川は、日本最多雨地帯の大台ケ原を水源として、奈良県・和歌山県へと流れ、奈良県内では奈良県南部の地名「吉野」に因み「吉野川」と呼ばれています。

高見川、大和丹生川、紀伊丹生川、貴志川等を合わせ紀伊平野を流れて、紀伊水道に注ぐ、 幹川流路延長136㎞、流域面積1,750km2の一級河川です。

河川名は「紀伊国」に由来しています。

流域内市町村

紀の川流域市町村は、和歌山県・奈良県両県にまたがり、和歌山市・岩出市・五條市などからなり、その面積は1,475km2と流域面積の84.3%です。

平地は橋本市付近から下流の河岸段丘と紀伊平野のみであり275km2(15.7%)と少ないです。

奈良県(吉野川)(1市 3町 1村)
吉野郡川上村、吉野郡吉野町、吉野郡大淀町、吉野郡下市町、五條市

和歌山県(紀の川)(4市 2町)
橋本市、伊都郡九度山町、伊都郡かつらぎ町、紀の川市、岩出市、和歌山市

河川施設

ダム

ダム名 形式 堤高(m) 総貯水容量(千㎥)
大迫ダム アーチ式 70.5 27,750
大滝ダム 重力式 100.0 84,000
津風呂ダム 重力式 54.3 25,650
黒渕ダム 重力式 13.5 270
一ノ木ダム 重力式 38.4 1,570
山田ダム 重力式 34.0 3,400

発電所

発電所名 運転開始年 出力
大迫発電所 1996年 7,400kw
大滝発電所 2004年 10,000kw
樫尾発電所 1923年 3,650kw
吉野発電所 1923年 2,700kw
西吉野第一発電所 1956年 33,000kw
西吉野第二発電所 1955年 13,100kw

利用状況

紀の川河川での利用状況では、農業用・工業用・上水道・発電所など水の供給をしています。

大阪府南部は阪神工業地帯は工場群が立地し、ニュータウン等で人口も急増し、和歌山でも大型工業施設など立地しており、水の需要が増加してます。

大阪南部では特に大河が無く、水不足が際立って目についていたので、紀の川からの分水が求められるようになりました。

この為、新六ヶ井頭首工を改造し治水の他新規利水容量を確保、大阪府泉南地域への利水を図るために紀の川大堰が建設されました。現在暫定運用を行っています。

過去の災害

古くは701年の続日本紀に紀伊ノ国の被害について記録があります。

下流の貴志川流域に降雨が集中した昭和28年7月の前線、観測流量が最大であった昭和28年9月の台風13号、上流に降雨が集中した昭和34年9月の伊勢湾台風など過去に数々の洪水被害の発生記録が残っています。

近年の主な台風や前線などの被害状況は、下の表にあります。

被害発生年 被害状況
1972(昭和47年) 床上浸水22戸 床下浸水2,362戸
1982(昭和57年) 床上浸水91戸 床下浸水1,458戸
1990(平成2年) 家屋全半壊8戸 床上浸水98戸 床下浸水202戸
1994年(平成6年) 床下浸水7戸
1997(平成9年) 床上浸水2戸 床下浸水9戸
2011(平成23年) 床上浸水81戸 床下浸水109戸
2013(平成25年) 床上浸水63戸 床下浸水68戸
2017(平成29年) 床上浸水205戸、床下浸水126戸(速報値)

引用元:国土交通省 水管理・国土保全 日本の川 紀の川の主な水害

ライブカメラ

紀の川河川流域エリアに設置されているライブカメラは49ヶ所あります。
下のリンク先で観ることが出来ます。

国土交通省 近畿地方整備局 和歌山河川国道事務所 ライブカメラ

 

紀の川
最新情報をチェックしよう!

日本の河川の最新記事8件